Skip to content

富士登山ツアーを選ぶ時のポイントについて

富士山は日本の中でも標高がナンバーワン、他の山とは異なり単独の山で構成が行われているため、頂上へのルートは多少のアップダウンはあるものの、尾根伝いに歩く縦走がありません。

ルートにもよりますが最初は緩やかな登りが連続し、お鉢近くになると登りは急になるなどの特徴を持っています。世界遺産の登録により人気を集めている富士山ではありますが、こちらの山へのツアーが全国各地から行われており、関東エリアは勿論のこと、関西エリアや中部エリア、北陸や東北、そして九州方面からの富士登山ツアーもあります。

富士山の登山口には富士宮口や御殿場口、須走口や富士スバルライン五合目などがあり、どこから入るのかでコースタイムが異なります。頂上は剣ヶ峰と呼ぶ場所になるのですが、富士山の上側はお鉢のようになっていて、そこを1周することが可能です。このお鉢はルートに応じて到着点が異なるため、ここから剣ヶ峰までのアクセス時間も変わって来ます。

最も剣ヶ峰に一番近いのは富士宮ルートで、約20分で日本一の標高を誇る剣ヶ峰に上がることができます。富士登山ツアーを利用する時には、どのようなルートがあるのかを把握しておくことも大切です。どこから登るのが自分にとって最適であるのかを知る、その上で富士登山ツアーを使えば日本一の山の頂上に行くことも可能になります。尚、富士登山ツアーの中でも登山ガイドでもある添乗員が同行するプランを使えば初めての人でも安心に繋がるのではないでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *